中小企業基盤人材確保助成金 - 会社設立ドットコム

サイトマップ
税理士事務所HPはこちら
助成金

以下の3つが一般的な助成金です。

中小企業基盤人材確保助成金

最大850万円まで受給可能!従業員を雇用する前に!!

会社設立もしくは異業種への新規事業への進出をした(都道府県知事から認定を受けた)中小企業の事業主に対して、経営基盤の強化のため、社員(労働者)を新しく雇用した場合にその従業員の賃金の一部を1年間助成される制度。基盤人材については一人につき140万円、一般労働者の場合には一人につき30万円が支給されます。

  • ・人材を採用する前に計画書や申請書の提出を行う必要があります。
  • ・助成金140万円を受けられる基盤人材は年収350万円以上の賃金で雇いいれる必要があります。
  • ・新規事業を興すにあたり、概ね6ヵ月間で300万円以上の設備投資や経費の支出を行っていること。

受給資格者創業支援

最大200万円まで受給可能!脱サラをして会社を設立する方!!

サラリーマン(会社を辞めて)独立・起業を考えている人への助成金。創業してから3か月以内に支払った経費の3分の1(上限:200万円まで)。

  • 1) 雇用保険の基本手当の算定基礎期間が、『5年以上』ある創業受給資格者であること。
  • 2) 会社の『設立登記申請』を行う前に、「法人等設立事前届」を提出すること。
  • 3) 『設立登記申請日』の"前日"において、雇用保険の基本手当の支給残日数が『1日以上』あること。
  • 4) 創業受給資格者が、設立する会社の業務に従事すること。
  • 5) 創業受給資格者が、『出資者』かつ『代表者』であること。
  • 6) 会社設立後、『3ヶ月以上』事業を行っていること。
  • 7) 会社設立後『1年以内』に、『従業員を雇用』して『雇用保険』に新規加入すること。

トライアル雇用奨励金

ハローワークを活用して雇用で受給!1人につき4万円×3ヶ月分=12万円(何名でも可能)

若年者や中高年齢者等の求職者(ハローワークが紹介する労働者)を、短期間のトライアル雇用(試行雇用)として雇用した事業主が助成される制度。

お問い合せ・無料相談

会社設立後の節税対策もこれで安心。会社設立代行フルサポートなら丸尾公認会計士・税理士事務所にお任せください。

一番よくわかる総務・労務・経理基本と実務

打ち合わせスケジュール